スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--

NAUGHTY BOY

'11.01.09


新しい年が明けて9日目。
今年もヨロシクね、皆さん。

去年の晩秋頃から滞ったこの日記、再開っちゅうことで。


年明け一発目8日(土)は、KKJB@仙台chop-onzからスタート。
ケチョンの一声で、全曲リクエスト大会になり、
ヒットチューンじゃなけいけど、味のあるナンバーが続く。
突然振られたシンギングタイムに汗が迸る(笑)。
今年はそんな機会が沢山出来ればいいなと思う。




翌9日。ボスに会いに行く。

有賀さん本人のトークがスピーカーから流れてたから、
『どっかのイベントでの音源か』って思いながら
パネルの文章を熟読してたら、遠くの方から拍手が。
本人のトークショーだった(笑)。

作品から、ボスとチャボさん、冨士夫ちゃん、泉谷さん・・・
そしてミック・ジャガー、いろんな人との関りが観れた。
勿論、有賀氏とボスとの関係も。

20分程のダイジェストフィルムが流されてて、
「Baby#1」のPVから、「Ruby Tuesday」のカヴァーや、
チャボさんの「打破」、武道館「Imagine」とか。
やっぱイマジンの映像はグッと堪えてても涙腺緩むね。
もうちょっと沢山の映像観たかったなぁ。


まぁなんにしろ、新年にボスに会えた事は嬉しかった。

帰り、「ブーアの森」をプレゼントしようと思ったけど、
もうちょい成長してからだな。と思いやめた(笑)。


RIMG0744_convert_20110110121359.jpg

今年も各所で、宜しくお願いします。

スポンサーサイト

2011/01/10

ディラン目撃。

'10.03.28


まず、どうしても取れなかったチケットを手配してくれた親友に大感謝。
本当にありがとう!
Zepp東京 追加公演。 ついに生ディラン目撃!!!


前日乗り込みでSFU目撃し、翌日は石神井でチルコロJUG参戦で、
俺自身、『ディランを体感する』アイドリングはバッチシ。


石神井から乗り継ぎで青海到着。16時。
長蛇の列で待つが、すぐに開場。スムーズに会場入り。
出来るだけ前情報は入れないで臨んだものの、
どの位置だとディランを生で目撃出来るかだけは仕入れてたんで、
前から10何列目くらいかな。中心からちょい右寄りに落ち着く。

開演までの一時間。
会場に流れるBGMが、なんか雰囲気悪くってね。
ホントにこれからディランやるのか?ってカンジ(笑)。
スタンディングで一時間、開演を待つなんていつ以来?
ホント久しぶりで、兎に角この時間はワクワクしてた。


そしていよいよディラン&バンドが登場!
チャーリー・セクストンのギターから入った様に感じたけど
もううる覚えになっちゃった(笑)。ぶっ飛んでたよ。

バンドは、ディランが長くやりたいならそれに合わせ、
そうでもなけりゃ短いエンディングに出来る様に、
一挙手一投足を見逃さない、まさに『ディランのバンド』で、
その辺り、今のササキショーイチバンドでの俺の立ち位置を、
しっかりと考えてみるイイ機会になった。勉強になった。

ドニー・ヘロンってペダル・スティール奏者が居たんだけど、
そんなにそんな、フューチャーされてなかったのは残念。
ドラムは良かったなぁ。ボトムがしっかりしてたし。
チャーリー・セクストンもカッチョ良かった!
ソロっていうソロでも、やっぱりディランの手の上で、
それがまた絶妙なバランスっちゅうか、嫌味が無い。
ホントに素晴らしいバンドだった。


ディランは、その佇まいからして69歳とは思えなかった。
パワフルで、重厚で、揺ぎ無かった。
一切ダレてないし、鮮度抜群。そんな「今」のディラン。
知らない曲も多かったけど、バンドサウンドが楽しませてくれたし、
名曲たちもそりゃ、心にぐっとくるものがあった。
けど何より、ロック! そう、ロックだったんだ。
それが一番、会場で感じたことだった。


で、仙台に帰ってきてからの方が更にグッと来ててね。
兎に角思い出すと鳥肌が立ってくるんだよなぁ(笑)。
そういうのって、あんまり無いんだけどね。俺。



しばらくは余韻に浸ってられそうだな。



最後に観たディランのガッツポーズを、
凹みそうな時に思い出せれば、乗り切れそうだ!

BOB.jpg
アンコール前に出現した、ディラン自身がデザインしたEYEマーク。

2010/03/30

怒涛の3日間。

'08.02.09~11


野暮用ツアーも一段落着いて、仙台。
居ない間に溜まった野暮用に終われる毎日。
それでも元気に。やってます。


1月は全然LIVEやれなくて。あっちゅう間に2月。
今年初参戦はKKJB@飯山。
仙台でも山形でもないところが、また俺らしいというか(笑)。



いいやま雪まつりに今年も参戦。
去年は雪も少なくてねぇ。淋しかったんだけど。
今年はなんとか積もってくれてました!
yukimaturi.jpg
今年は上杉謙信公だったよ。

8日の夜、仙台を出てバスで山形へ。
翌2時頃に山形出発で飯山には朝8時頃到着。
去年は大遅刻かまして昼の部に出られなかったんだけど(笑)。
今年は無事に参戦できた。
雪まつり
JUG出演者全員で演奏のぞーさんだぞーで会場大盛り上がり!

老若男女が集い踊る。
楽しけりゃイイ!っていうのはこういう祭りならではだね。
しかし玄を爪弾く右指と押さえる左手の辛さったら無いよ(笑)。
かなり寒い!けど皆で踊れば不思議と暖かくなるんだね。



夜の部は、飯山ガキデカのG.タカちゃんの店「ZION」で、
『刈り入れ田んぼとfunky train』ってイベント。
去年も大盛り上がりだったけど、今年も良かったよ!

KKJBには大阪から『THE BIGOOD BAND(ザ・ビグッド バンド)』の
タブベ「ムーちゃん」が参戦してくれて、
素晴らしいセッションでトリ前をやらせてもらいました。
久々のタブベの音に、KKJB一同心躍らせながらのステージ(笑)。
ムーちゃんお疲れ様でした!またよろしくです。

※画像は・・・・無いです(笑)。


ガキデカの皆さんがホントこのイベントの成功に向けて
物凄い努力してる姿を見せられると、
俺等KKJBも、いつかナニか面白い事やらないとなって、
こうやって呼んでくれる仲間達にも恩返ししたいなって。

そう思いながらやってます。


大成功、お疲れ様でした!!!!




そして俺は打ち上げもそこそこにホテルへ。
日曜はそう、ブドーカン!!!
いよいよKING・GOD・夢助の完全復活祭に行く為に!!

始発
北飯山駅、始発のプラットホームに立つ。

4時55分。ワンマン列車が俺を連れて長野まで!!!
そっから高速バス!!! バスの運ちゃんは雪慣れしてるプロだった!
新宿に着くなり一路埼玉へ!
友人(R-30のKey.ちゃっぴー)宅で休憩させて貰ってご馳走まで頂き、
御茶ノ水へ向かう俺! 御茶ノ水???
んー・・・・このネタは後日にしよう。
そしてブドーカン!



完全復活祭の時間は、
何度も何度も目頭が熱くなり、有難うと何度も呟いた。
凄すぎた。なんか凄すぎて言葉が出てこない。
人間の力って、素晴らしいんだなぁ。やっぱ。
そう思わせてくれた3時間だった。

武道館
ちょっとね、流石に目がガオッテんね(笑)。



この後、妹夫婦宅にお邪魔してご馳走になり爆酔。 あ、爆睡(笑)。
翌日の3日目最終日は、初ウルフルズを観に仙台サンプラザへ!!

でデカイ広いステージのミキオさんを観る事ができた!!!
んー・・・・・ やっぱミキオさんはカッチョイイなぁ。
サポート暦8年って聞いて、更にビックリ。
ミキオさんのファンの人たちも沢山居てゴキゲンそうだったよ!
立ち見


ステージ栄えする衣装と、R&Rな鍵盤が色を添えて、
TVでは観れないウルフルズだったような気が!
(ま、ちょっと初ウルフルだったので上手く言えないんだけど)

プロの仕事を見せて頂きました!有難うございました。




ってなカンジで3日間、疲れた(笑)。

で、今夜は浅草に来てます。
野暮用単発ツアーで・・・

でもって、これから・・・・
ま、また後日報告って事で(笑)。

2008/02/12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。