スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--

恒例いいやま雪祭り。

'10.02.13~14

(画像多いので重いかも)


今年は関東も結構降ってる位だから、
きっとスゲー事になってんだろうなぁ。

っと、期待に胸膨らませつつ。向かうは長野県飯山市。
恒例の雪まつり&「刈入れ田んぼとFunky Train」へ!

のっけから雪深い小国峠を越えて新潟、そして長野と、
俺の轟音スターワゴンも順調な走りで飯山到着。
今年はある程度、例年より降ってくれているようで、
会場も広くなってるし商店街の雪だるまも多くて一安心。

ここ何年かは確かプロレスの興行があったんだけど、
代わり?にこの方、ファンタースティック!
レボリューション
TVじゃ1分しか観れないネタをどう30分やるのか?
期待通り、そのまんまのネタ20分だった(笑)。

皆が飯食いながら観るステージで俺等も一発目。
ステージ
皆さん、食らうことに必死です。当たり前か・・・

すぐさま商店街にある別のステージでもう一発。
このステージがめちゃめちゃ寒い場所で芯から冷えたので、
会場に戻って蕎麦食ってほっこり。
baso.jpg
先に見えるはパワーアップしたスライダーエリア・・・

まだまだ冷え切ってるので、野沢温泉へGO!
去年見つけた土産屋で野沢菜ご飯を試食して!
飯
試食っちゅうレベルをすでに超えた食い方になる(笑)。

ロハ食で小腹満たされたところに、ロハな温泉に浸かる。
野沢温泉、素晴らしい無料エリアに感無量なKKJB。
風呂
ホント、タダで飯食って温泉もタダって罰当たるかもな。
ありがとう!新田の湯。そして土産屋みさと!

旅の疲れを癒した後、夜のFunky Trainに飛び乗る前に、
ホテルで事前ミーティング(という小宴会)をと、
タクちゃんの部屋に集まったらいきなりドカーン!!
花火飯山
冬の花火に迎えられた瞬間! ナイスタイミングだった。
皆でオリンピックの開会式見て盛り上がり、宴もイイ感じ。
このままゆっくりしたいけどそうは行かずZIONへ。

途中、雪像をバックにスライ&ファミリーストーンを観た・・・
フレッシュ
フレッシュ! ここでのSHOTも恒例だな。

着いてすぐにステージ!いつまで呑んでたんだ?(笑)。
ステージからのSHOT。
Zi.jpg
左前方の白い方が飯山の獅子丸さんです・・・ 
ちくわくんが食われそうになった様です・・・

演奏も勿論楽しいんだけど、
皆に会えるのが素直に嬉しいこの祭り。
鍋と地酒の打ち上げは会話を弾ませ、
今回はガキのようじくんとアツく語り、
タクちゃんと一緒に行方不明になり、
Funky Trainは終着駅へ。


翌朝、まだまだ終われない俺たちの祭りの〆は、

無論、これが無いと終われないチューブスライダー!!

今回初のメット着用!
危険なコースに一切ビビリ無し!のケチョンと俺。
消防
「警官(俺)に暴動を阻止されている叛乱者(ケチョン)」の図(笑)。


ここからはYOUTUBEでお楽しみください。
相当、ビビッてます(笑)。 怪我に注意。
特に後ろポッケに溜まる雪ににも注意!
そして第二コーナーは危険度高し!



そして全てのメニューを終えたKKJB。 帰路へと。
kao.jpg
ありがとう!いいやま。

ありがとう、エロケン。 
ファントレ
捕まるなよ(笑)。

ありがとうございました!ご馳走様。
神
木造道祖神さま。




今年もまた、素晴らしい旅になった。 素敵過ぎる。



旅の恥は掻き捨て。
最後はやっぱりこの男、やってくれます。
nudan.jpg
新潟名物のたれカツ丼、二段重ねに食う前はご満悦。
その10分後、撃沈してた(笑)。 
オトナになれよ! 40目の前なんだから!



また来年。楽しみにしてます。飯山。ありがとう!

スポンサーサイト

2010/02/17

素晴らしくアツイ、礼儀正しい人。

'10.01.26~27


shyさんとの2連荘。
雪の中、来てくれたお客さんにまずは感謝です。

俺が初めてshyさんの唄を聴いたのがこのCD。
THATS.jpg
師匠 高木克ヒッピーさんが、
ギター&マンドリン&ラップスティールで参加してて、
当時は食い入るように聴いてたなぁ(笑)。

そこからチェイン・ザ・スリー・ギャングへ遡って、
ハートビーツには遡らず(笑)、今に至る。

生で観たのが2003年、日倉士さんとジョイントで来た時。
当時は一緒にやらせて貰えるなんて思っても無かった。
そん時はまだ、KKJBにも加入してなかったしね。
ケチョンとユウスケは来てたっけかなぁ・・・ 記憶曖昧。
で、ムーニーさんが来た時にKKJBに誘われたんだった。


まぁ、それ位浅い暦っス。
つっても、7年か。
shyさんは51歳、30年唄ってるって言ってた。
年数も凄ければ、その中身も凄いのは、
素晴らしくアツくて礼儀の正しい人で、
それが生き様、そして唄に表れてるからで。

shysan1.jpg
そんなshyさんとご一緒に。


打ち上げ、終わった後、ホテルに戻るshyさん。
皆に握手してくれて、深々と御礼をしてくれる。
そういうトコロ、大切なトコロ、
俺もしっかりと大切にしないと。と改めて思う。


shysun.jpg
翌日の仙台
chop-onzもリクエストに応えてくれたり。のshyさん。
パワーパワー!もっと俺に力を。
逆に俺がたっぷりとパワーを頂きました!





shyさんがその佇まいで教えてくれた事を、
ちゃんと俺、見習わなきゃ。



ホント、いろんな人に沢山大事なことを教わってて、
有難いなぁと思う反面、
俺が伝える立場になった場面で、
いったい何をどんだけ出来るんだろう?って、
その度、考えるけど、難しい。

ただ解っている事は、
どんな形であれプレイし続けられているこの現状に、
そしてそれを楽しみにしてくれる人がいるって事に、
感謝と、それに応えたい気持ちでいることを、
やっぱりプレイで観てもらうって事。

shyさんとの2日間で、改めて教えてもらった事。




今週末は長野は飯山ゆきまつり。
お祭りは誰もが楽しめないとね。
その一人として頑張ってきます!
宜しくです!

2010/02/08

REC終了!!!。

'10.01.17


KKJB正式加入から6年目を迎える今年、
俺にとっては初のレコーディング!
全国発売されるコンピ盤に誘われたのをきっかけに、
オリジナルのアルバムテイクも録ろうって事で。

WILDのREC以来だから非常に楽しみにしてたんだけど、
同様、ケチョンもパッケージデザインからCDのデザイン、
そして肝心の中身についても非常にアツく考えてて、
考えすぎて、逃げ出したくなったようで(笑)。

勿論まったかちゃんもタクちゃんも同じ気持ち。


まぁでも何にしても時間通りに進まないKKJB、
多方面に今までもご迷惑おかけしてきましたが、
今回もスタートから出遅れ、ケツも押しちゃって…
レコーディングスタジオは山形駅前。
チェック
『チェックチェック!ワントゥー!ハオハオハオ!』


専属のオペさんは不在。 っちゅうかセルフ(笑)。
JUG.jpg
ジャグを吹いてハウリングとリバーブのチェックも。

マンドリンを録るのはよくよく考えたら初だった。
2本
2本持ってる内、曲によって使い分けようと思ったんだけど、
fホールの音色の方が、オーバルホールよりマッチしたんで、
全曲M-80をチョイス。

昭和49年3月のカタログより。
image38.jpg
左側がメイン、オーバルホールタイプのM-50。
右側が今回録った音のfホールタイプ、M-80。

ボディ形状や使ってる木の素材で音の出方は違うんだけど、
そもそも音が出てくる部分が違うからその差は歴然。
オーバルホールは甘くて太いトーンサウンドで、
fホールのサウンドはキレのある艶やかなトーンが出る。

このクラスのステューデントモデルでも
はっきりと音に違いがあるんだから、
きっとウン十万もするようなマンドリンだったら
スンゴクわかりやすいんだろうけどね。

一度は弾いてみたいなぁ…




で、マイクセッティングとテスト録りを何回か繰り返し、
ミラーボールの反射もムード全開で(笑)。
いよいよ本番の録音スタート!
(ミラーボールが何故かスタジオに???)
REC.jpg
緊張しながらも、終始笑いの絶えないレコーディング風景。




すべてオーバーダブ無しの一発録りで、
全12曲+テストテイクも何曲か入れて2時間で終了ってのは、
なかなかの出来だったんじゃないかと自画自賛。


しかし、俺は所用アリですぐに帰仙したんだけど、
3人はカーステでチェックしながら反省会だったって(笑)。
まぁ、この日出来る事は全てやれたんじゃないかな。
あとは聴き手側が楽しんでくれるかが不安というか…



そんなこんなで、KKJBいよいよ音源リリースです!
近日、発売日等々、詳細UPするので乞うご期待!ヨロシク!

2010/01/18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。