スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--

俺の好きなR&R。

'09.03.15


去年10月以来のCandy DropS。
思うところありで、達也がスペルを大小混在させてきた。
何の意味があるかは聞かなかったが、
そういう「思うところ」っちゅうのは男には必要だと思う。

※ 即日『 CandyDropS 』との指摘アリ(笑)。


さて、俺に思うところが無かった訳じゃないが、
検討していたペダル・スティールの出番を止め、
Fenderのラップ・スティールでスライドナンバーを。
10弦のペダルより音の表情は豊かでは無いにしろ、
(まぁこれは弾き手の力量に大きく左右するが)
6弦ならでは!のフィーリングをお届けしたかった。
しかし!精進足らずでいまひとつの出来だったと思う。

でもそれが『脈打つ今』、俺そのものなんだな。
本番では、日々の練習の積み重ねが素直に現れるからね。

スチール
愛器 Fender Champ お疲れ様!

ennでのアコースティックは2回目。
非常にやりやすくて、出音のバランスも素晴らしく、
許されるものなら何時間もやっていたいハコなんだけど、
そんな我侭も言ってられないので、
与えられている時間内に、7曲なんとかぶち込みました。

1.It's All light / 三宅伸治
2.Laundry Blues / 日倉士歳朗
3.ナマケモノ / ジャコ
4.俺の好きなR&R / 風ズ
5.Hey Good Rockin' / Mooney&His Lucky Rhythm
6.Sing-a-song Driver / 鬼頭径五
7.空を見れば / WILD

Ca.jpg
この日はオールジャンルのイベントって事だったけど、
椅子席でまったり観てられるシチュエーション。

アコースティックは余計なエフェクトを切って、
生音に近い状況を作ってあげることを前提に音作りをする。
厳密に言えば、「生音風」なセッティングを探すんだけど、
余計なドライブや歪みを間にかまさない分、
誤魔化しが効かないから真剣に弾こうとする。
まぁ、そこもあまり悟られたくないワケだけれど(笑)。

弦のタッチやアタック感なんかも、
エレキに比べてアコースティックはダイレクトに響くよね。

風ズでマンドリン弾いてると、ショーイチ君や砂子田君を観て、
「あ~アコギいいなぁ・・」って思うことが多かったので、
俺にとってCandyはかっこうのアコギタイムなワケで。
&唄える場でもある貴重なバンド。

Candydy.jpg
ついにハミングバードに穴空けして(泣)、
ピックアップのSUNRISEを完全装着!
エンドピンジャック仕様にしたんだよ。
もっと早く着手すりゃ良かったんだけど、
如何せん、穴空けに躊躇してしまってね。
これでシールドの煩わしさから開放されたぜ!


そして今宵も『俺の好きなR&R』を唄いました。
楽しかった!気持ちよかった!(笑)。




今後もちょいちょいとハミングバードをいじりながら、
納得の行くアコギサウンドを追求してって、
Candy DropSで弾いていくのでお楽しみに!
おっと、ペダルも頑張るぜー!

来てくれたお客さん、有難う!


※ スケジュールUPしてるんでチェック宜しく。

スポンサーサイト

2009/03/18

今を行け。

'09.03.11


春。近いねぇ。 仙台の春はもうすぐ訪れる。
人によっては、憎き花粉症と共に春が来るけど、
俺はありがたい事にノン花粉症。
なので早春は食い物で季節を感じたりして。

hokki.jpg
ホッキね。from山元町産。 旨いんだよなぁ コレ。

・・・って、地元グルメブログっぽくなってはいけない(笑)。


さて2月。
風ズのLIVE!@一番町 萬屋長兵衛。
うなぎ床のこのお店、5人のフル風ズではちょい狭め。
なもんで俺、長兵衛さんの働くカウンター内でプレイ!
(ちょっとお客さんには音が届かなかっただろうな・・・)
全16曲、二部構成ながら、風ズHITSの嵐でした。

ガソリン代わりの適度な量が良かったのか(笑)、
この夜はアコーディオン・ヨッシーのプレイがキラリ!
弦楽器には無い、鍵盤の楽しさ素晴らしさを表現してた。

終わった後の宴は朝まで続いた模様。
(途中、迂闊にもオチました・・・)

sunakota.jpg
ミニアンプにプラグインでソロをぶっ放した砂子田君。

tyou.jpg
たぶん"適度さ"を保っていたヨッシーとササショー兄貴。

いずれも、宴のショットです。


今年中には風ズの何曲かをペダルフューチャーしたい!
これは今の俺の重要課題のひとつ。
頑張りマッス。



3月。
KKJB非公式のLIVEは、とある子ども会主催の歓送迎会。

町内会
非常に緊張しました(笑)。
子供の見る目って純粋だからね。
『あれってなにやってるんだろう???』みたいなね。
100人くらいの目に晒されながら頑張りました!(爆)。

年に1回はこういうのアルなぁ。KKJB。
ありがたいことです。

で、終わってからは蕎麦&温泉とヤマガッタ観光でホリデイ終了。
蕎麦も旨いし温泉も安くて素敵だし、素晴らしい地です。ヤマガラ。




そして観戦は、我がアイドル藤井一彦氏。

藤井一彦
ソロアルバム『LAZZY FELLOW』を引っさげてのHIKIGATARIライヴ。

最近、Candyのライヴも迫ってることもあって、
俺のハミングバードのピックアップをいじってたりしてたので、
アコギサウンドの学習にはもってこいのLIVEでした。

最近、「立ってアコギを弾いて唄う」人を観たのは、
山口洋氏が最後だったので新鮮に映ったのと、
やっぱりギターを弾くタッチやタイム感が素晴らしく、
非常に目と耳の保養になりましたぜ。

これも今年中に考えてる事のひとつ。HIKIGATARI。
頑張りマッス!



♪ お前の 今を行けよ 脈打つ 今を ♪



今の俺にガツン!と響く一節。




まずは来週日曜15日のenn、Candy Dropsで今の俺を観てくれ!
ヨロシクです!


さて、今宵は遅ればせながらの「SHINE A LIGHT」観戦。
レヴューは後日!ってことでアディオス!

2009/03/12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。