スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--

ショーネン。

'07.04.27

THE PRIVATES
俺のルーツから切っても切れない存在。
PRIVATES.jpg


実は俺、割と遅かったんだよ。ROCKに目覚めるのが。
もっと言えば、Bluesにハマるのも遅かった。
マディ・ウォーターズとかロバート・ジョンソンとか、
そういう名前は知ってたけど、聴こうとしてなかった。
『オッサンがやってる音楽ってどうなんだ?』なんて、
当時は本気で思ってたしね。 ガキだったんだね(笑)。


高校入ってからか、
妹からプライベーツってイイよ!と言われて聴き始めたら
それこそどーっぷり浸かっちゃってね。
兎に角俺がハマったのは、そのギター。
延さんのギターもカッコイイし、
ショーネンのギターも凄くカッチョ良かった。
ある日雑誌でショーネンのフェイバリットは
エルモア・ジェイムスとかジョンリーフッカーって書いてあって、
エルモアやジョンリーにハマって、
そっからBlues全般聴くようになった。一時期ハマリすぎた。

そんなこんなで今の俺が居るんだけど、
そのTHE PRIVATESと一緒のステージに立てた時は、
正直ドキドキしてぶっ壊れてたなぁ・・・(笑)。
今回は4回目か5回目の『NORTHERN FREAK BEAT』。
ちょっとずつ俺も会話できるようになって(笑)、
今回はショーネンとギターの話で盛り上がった。

アンプがVOXからAMPEGに変わってたから、
その辺から切り出して、徐々に会話が広がってった。
気まぐれロメオのP.Vに写ってたレスポール.Jrの話、
最近のオールドギター高騰の話とか、
音を聴くとやっぱりテレキャスも弾きたくなるって話とか。
憧れだったギタリストとギター談義してるって、
あの当時は考えられないことだった。
夢にも出てこなかった(笑)。

楽屋のモニターでステージ観ててくれたんだと思うけど、
ギターを褒めてくれたのは凄く嬉しかったなぁ。

今でもショーネン(さん)は、俺のギターアイドルだ。


最後に、観に来てくれたお客さん、どうもありがとう!
またWILDのスケジュールUPしたので、今後もヨロシクです。
ennp.jpg

2007/05/10

COMMENT

POST










管理者のみ表示を許可

TRACKBACK-URL

»http://twild.blog31.fc2.com/tb.php/84-06bed503

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。